2022年04月20日

宮沢の森愛護会主催のタケノコ堀

皆さんどうも 連合事務局の和田です
新年度が始まりバタバタと忙しい日々が続きますね。
もうすぐGWも始まりますし,楽しい連休を過ごすために
皆様,お疲れがでませんように。


さて,宮沢連合自治会も4月10日に総会を終え,
令和4年度の事業計画が承認されました (詳しい行事予定はHPでご確認下さい)
この2年間まともに行事を行えませんでしたが,
今年は少しでも地域住民の皆様に楽しんで,喜んでもらえるよう,
事業を進めてまいりますので,その際は皆様是非ご参加ください。

とは言えコロナが終息した訳ではないので,
運営,進行に多少のご不便をお掛けする事もあるかもしれません。
その部分は何卒ご理解いいただけますようお願いいたします。


さて、今回は久しぶりに私がブログ更新させていただきます。
今回は4月17日に行われた宮沢の森愛護会主催による
『たけのこ堀り』イベントです。

私もそぼ降る雨の中、参加してまいりました
宮沢の森に10時に集合して参加者全員で和泉川沿いにある
竹林へ移動します

無題


参加者は総勢4~50名程度
小さなお子さんからご高齢の方まで老若男女問わず
たくさんの方が参加されました。
やっぱり食に繋がるイベントは集まりますね (笑)

えっ? 大した事ないじゃないかって?
いやいや このイベント,ノーPRですからね
一切広告宣伝発信せず,前年参加者の口コミやら
なんかやってんぞ?のその場のノリで参加されている状態ですから,
これ町内会で回覧したり告知したらヤバいと思います (笑)


さて、宮沢の森から凡そ10分程度歩き,漸く竹林に着きました。
狭い散策路を皆で行儀よく並んで分け入ります。
シッカリと遊歩道が途中まで整備されています。

並んで入山


山深く?入りました。
さあ!皆で掘りましょう!


子供も掘る


ありますね~たくさんのタケノコが土の中から顔を覗かせています。
もうシッカリ育ってしまっているものも


タケノコ発見


いや~私、タケノコ堀り初体験なのですが
これかなりしんどいです(笑)
タケノコの周りに木々の根がシッカリ張り巡らされて
中々スコップや鍬が入っていきません


タケノコ掘る


小さなタケノコ


大きいタケノコがドンドンと収穫されていきます


掘ったタケノコ


入山前に降り続いていた雨は早々にやみましたが
雨が上がると共に気温が上昇しはじめて汗が止まらなくなり,
余計に体力の消耗が


掘れば掘るほど疲労は蓄積され、掘りつつも目が遠くを見てしまう方も(笑)

遠くを見る


力を合わせて皆でたくさんのタケノコを収穫していきます。

皆で掘る


収穫したタケノコはリヤカーに積んで再び宮沢の森へ向かいます


リヤカー


リヤカーで運んだタケノコをブルーシートに広げ
今日の収穫を皆で眺めます(笑) もうグッタリ状態ですが,
シートに並んだ成果を眺め満足感を味わいました。

さてこれが当日の収穫です! まだまだたくさん埋まっていましたが,
参加者全員に分ける分にはもう十分すぎる量です。

集めたタケノコ


最後は宮沢の森愛護会の皆さんが作ってくれた
タケノコご飯を振舞っていただきました 食に走り写真撮り忘れた・・・すいません
因みにとても美味しかったです・・・ご馳走さまでした。


この行事は毎年行われておりますが,先述したように開催告知は一切ありません。
毎年4月3週目くらいの日曜日なのかな?

来年是非参加したいと思われる方は4月初旬に連合宛にご連絡ください
詳細をお伝えいたします。

参加はどなたでも構わないそうです。
ただし,自分の掘った分を持ち帰れる訳ではなく,
参加者全員が掘ったタケノコを均等に分けるので,
ご理解の上,ご参加いただければと思います。
だいたい一人4~5本程度だと思っていれば間違いないでしょう

とても楽しく(疲れましたが)体験させていただきました。
こういうイベントを連合でも考えていきたいですね。

芋ほりなんかは楽しそうだな~ 親子で参加していただき
その場で調理して振舞うようなイベントが良いですね~

さて,今回は宮沢の森愛護会主催のイベントを簡単にご紹介しましたが,
次回は宮沢連合自治会主催の本年度一発目の事業
『宮沢謎解きウォークラリー』を広報がリポートしてくれると思います。

5月22日(日)9:00~12:00開催を予定しております。
参加賞やお楽しみ抽選会などもありますので是非ご参加下さい。

詳細につきましては後日,ホームページの方でご連絡いたします。
お楽しみに~

不慣れなものですから乱筆をご容赦ください。









miyazawarengou at 17:42|PermalinkComments(0)

2022年01月16日

どんど焼き開催~宮沢プール公園にて~

2022年の年明けを迎え 今年最初の投稿になります
昨年同様に連合活動へのご理解とご協力をよろしくお願い致します!!

宮沢地区での年明けのイベントは
小正月の15日頃に行われる『どんど焼き』になります
地域内でも恒例行事となっていましたが
コロナ禍による影響で昨年は中止となりました

今年度は、青少年指導部を中心とし
各自治会町内会役員・各部会役員の皆様方、地域皆様方のご協力とご理解のもと
2年ぶりに開催することができました

IMG_8680


どんど焼き

来場者は約300人の大勢の方にお越し頂きました!!

徹底的な感染対策を講じ

IMG_8650

IMG_8728

飲食できない代替えとして
「願いごと木札」お土産品として「瀬谷じまん どらやき」をご用意させて頂きました

IMG_8731

「願いごと木札」は、お願いごとを記入した木札を
お焚き上げに投げ入れるというものです
皆様の願いが成就しますように

例年は子供たちを対象としたビンゴ大会を開催し賑わいを見せますが
今年度はお正月遊びのコマ回しコーナーを分散して設けました

IMG_8724

こちらのコーナーでは
青少年指導部員のコマ回しの達人と連合子供会による盛り上げで
小さなお子様から大人まで幅広い年齢層の方が楽しまれていました

IMG_8733

教え合ったり、上手に回せると歓喜の声が上がるなど
コマを通じて交流が広がり大盛況でした

どんど焼きにお集まり頂いた時間の中で「人と心のふれあい」が生まれ
笑顔の絶えない心温まる光景がありました
「今日この日に開催できて良かったですね」
「楽しい時間を過ごせました」
「コロナ禍での行事は難しいと思いますが皆さんが楽しめて良いですね」
そんな声をお聞きすることができました

コロナ禍での行事開催は賛否両論があると思います
その中でも形を変えてできることを探しながら
地域の方との繋がりを大事に住み良い街作りを目指し連合活動に取り組んで参ります

浄銭金15,886円につきましては、地区社協に寄付させて頂きました事をご報告致します。





miyazawarengou at 14:58|PermalinkComments(0)

2021年12月25日

宮上会 ふれあい会 合同防災訓練

令和3年12月12日(日) 宮上会とふれあい会合同の防災訓練がありました
参加者は総勢約80人の町内会員の皆様と下瀬谷消防署の職員の方々
今回初めての参加という声も多く聞かれました

IMG_8147

3グループに分かれての訓練が行われました
訓練内容は①心肺蘇生法とAED使用方法②消火器使用による消火訓練③三角巾を使用した応急手当

①心肺蘇生法
 新型コロナウイルス流行により心肺蘇生の方法も変化しているという説明がありました
 人工呼吸は現在は行わず、心臓マッサージを1分間に100回するイメージで心肺蘇生します

IMG_8186


救急車が到着するまで日本では約8分程度と言われていますが心肺停止7分後の
命が助かる可能性(救命率)は約30%になってしまうそうです(心肺停止から
電気ショックを開始するまでの時間が1分経過するごとに生存率が約7%〜10%低下)

すなわち1分1秒でも早く心肺蘇生と電気ショック(AED装着)を行うことが重要といえます

➁消火器使用による消火活動
 火事を見つけたら大きな声で火事だ!!」と周囲に知らせることが大事!
 出火現場になるべく近づける範囲まで周囲の状況に注意しながら接近し放射!

IMG_8351

落ち着いてなんでいられないですが、消火器の持ち手になっているレバーは必ず
下レバーを持つことを意識することで安全に正しく消火することができます
慌てて上レバーを持って移動すると、安全ピン(栓)を外した状態では簡単にレバーが下りて途中で放射してしまうので慌てず落ち着いてを心掛けることも大切です
危険な行為として慌てて消火器を火に向かって投げ入れてしまう事、これはとても危険
消化器の使用方法➡︎関連リンク(参考資料:横浜市HPより)

※消火器について
 消火器は2つに分類され加圧式と蓄圧式消火器があります
 また消火器本体に説明表示のマークありが
 ・色 普通火災
 ・色 電気火災 
 ・色 油火災
 可視化で分かりやすくイラストになっています
 ご自宅や職場、身近な場所にある消火器の点検含めこの機会に確認も良いですね!

③三角巾の結び方、応急処置の三角巾当て方
 三角巾の結び方を実演と共に体験

IMG_8349

三角巾 解きやすく 結びが緩みにくい結び方をご紹介します!


固定位置はケガを負った部位や程度にも寄りますが
ケガを負った方が固定していても辛くない位置で固定するのがベストとのこと

IMG_8167 2

三角巾がない時はこのようにビニール袋でも代用できるとのこと!

訓練も終盤に差し掛かり・・・

スタンドパイプの登場です
1本のホースの長さは20mあり2本繋げて(40m)使用します

IMG_8190


役割分担で①消火栓を回し開ける人(1名)②伝令・伝令補助(各1名)③放水ホース(1名)に配置。
初めて体験された方もいたそうですが、一致団結し放水訓練も無事完了です!

IMG_8352


〜最後に下瀬谷消防署の鈴木所長より〜
自宅内に設置義務のある火災報知機について、義務化となり10年経過。
新築では設置されている家屋がほとんどですが、後付となっている火災報知器については点検等を行なって頂きたいとのこと。煙探知により煙に巻かれ一酸化炭素中毒で逃げ遅れ命を落とすことが多いので火災報知器があることで助かる命に繋がります。
価格は2千円〜8千円と価格の幅はありますが、キッチンと寝室の設置で連動式タイプは防災力が高いです。点検方法としてはスイッチ一つで確認でき簡単です。75歳以上の独居の方については、消防署にご連絡頂ければ点検のお手伝いとアドバイスをさせて頂きますとのこと。
問い合わせ先:下瀬谷消防出張所 045−304−0119






miyazawarengou at 17:47|PermalinkComments(0)

2021年12月07日

南瀬谷小学校地域防災拠点運営委員会による防災訓練

先月11月27日に防災拠点実行委員会が備蓄倉庫にある「まかない君」を動かしました

2F504A1F-8BA5-43EC-8515-8575E0A58C7F


昨年はコロナ対策で防災訓練時に飲食禁止の為稼働出来なかったので、2年ぶりに動かしました
新メンバーも使い方を学び、正常に動作するかの確認も兼ねての作業でした

1BCD7BF1-C79C-4AAD-98FE-C95603D5EE65


今回は、一合の米と水を専用の袋に入れ、まかない君でお湯をわかしてご飯を炊きました
この方法だとおにぎりにすることなく避難者の方々に配る事が出来ます

DBB5DADB-3295-4DA4-89A7-2F83C4CE3253


2A03B540-9C74-489D-8361-AE4ADB2B2458


火をつけてから1時間かかることなく出来上がりました

92B486A8-C9FC-49CD-97A2-C5A8DECF696E


「まかない君」を使わなくてはならない状況は避けたいですが、有事の際は強い味方になってくれると思います


宮沢連合自治会 小島会長
南瀬谷防災拠点実行委員 西村部長 です
FBD7499C-D639-47B4-B649-2392EBC51739


〜広報編集者より〜
今回は写真・記事を提供して頂き掲載する事が出来ました!ありがとうございます。編集は広報にてさせて頂きますので、写真だけでも載せたい、身近な情報や告知をしたいなどありましたら、『お問合せホーム』より内容記載の上、ご投稿下さい。

miyazawarengou at 18:07|PermalinkComments(0)

2021年11月11日

電子回覧板勉強会その2

ふれあい会の電子回覧板勉強会の続き・・・

 


『電子回覧板のメリットって?・・・』

 
今はポストインがあたり前の回覧板ですが,昔は手渡しが主流

そのついでに世間話をしてくる事が茶飯事。

母が夕食前に回覧を思い出し,お隣さんに慌てて持っていく

さあ!そうなると大変!話し好きの母はいつまでも帰ってこず,

てんとう虫の歌が終わり,サザエさんも次週の予告を始め

おーい!アップダウンクイズ始まっちゃうぞ~

 

そんな近隣交流の一端を担う回覧板の役割も今は昔

今や対面どころか持っていくのも面倒との意見が主流

 

そこで現れたのが『電子回覧板』 おーーー

 

対面する事も,持っていく事もなく,更に自分時間で閲覧可能

誰がどんな手で触ったのか解らない不衛生な板も触らずに済む

コロナ禍が追い風となり今や多くの地方自治体で採用されているようです

 

 

『いざ・・・はじまりの時』

 

電子回覧板そのものは多種サービスがあるようですが,

ふれあい会の勉強会では『スラック』を利用しました

※『スラック』についてはコチラでご確認下さい

 

 

勉強会は参加者全員が媒体(スマホ,PCなど)を利用し

実際に触ってみる(経験する)体験学習です

 

手元の資料,前面のスライドを見ながら口頭での説明を受け

正に手とり足とりの至れり尽くせり状態

 

『お~! お~!』・・・って声が・・・聞こえませんね・・・

 

私感なのですがこの『スラック』たぶん皆が漠然とイメージしていた

回覧板とはチョット違うんじゃないかな?

 

回覧というものは板でも電子でも必要な掲示(配布)情報を

黙して自ら見る(見にいく)とイメージだと思うけど

この『スラック』はLINEやチャットに近いもので,

貼付情報(資料)に対して意見や賛同をするような感じ(会話ツール)

 

この会話(返信応答)こそが回覧を見ましたよ!の押印の代わり

  

なんだけど~  そもそも『見ましたよ』って要ります?

 

いやいや,そもそも見なかったおたくの自己責任じゃない?派 ()

そんな派閥があるか?って話ですが,私,それ派です

どうして見た?見た?確認した?って事まで面倒みる必要があるの?

そもそも板の回覧だって来たものを内容も見ずに回してるでしょ?そこの人

 

だいたいさ・・・・

あっ! ヤバい・・・長くなる・・・また() ウザイって言われる

 

ヨシっ!〆て行こ!

 

私がイメージする電子回覧板はこんな感じ

 
      


こんな掲示板を自分の時間に合わせていつでも見る事が出来る

それが一番スマートだし,導入しやすい気がする

 

どこか宮沢内の自治会町内会で導入してくれないかな~



miyazawarengou at 16:15|PermalinkComments(0)