二ツ橋水辺愛護会のご紹介十三夜に月を再び愛でる

2021年09月22日

【宮沢の森】名月鑑賞会


~中秋の名月を宮沢地区にお住いの皆様と仰ぎ見る~
毎年恒例、宮沢の森愛護会主催の『宮沢の森名月鑑賞会』にお邪魔しました。

開催詳細は、下記リンクから、宮沢の森便りをご覧ください。

https://ameblo.jp/mkdonta/entry-12696991054.html

中秋の名月の日に
満月になるのは2013年以来。

午後から雲が広がり、月が見られるか心配でしたが
鑑賞会時に合わせて雲が消え、大きな満月を仰ぎ見る事ができました。



IMG_8688



入り口では、竹の中で揺らぐローソクの幻想的な灯りが来場者を迎え入れてくれます。



IMG_7280



   五穀豊穣の願いと、感謝を込めたお供え物。
   本来は、豊穣を願い「稲穂」を供えるそうです。
   しかし、この時期には、稲穂が実っていないため、稲穂の代わりに
   「ススキ」をお供えするそうです。



IMG_8683



   以前は、台の上にお団子を15個? ん? 12個だったかな…?
   重ね並べて、お供えをしていましたが、昨今は・・・袋入り?(笑)
   『芋名月』という十五夜の別称から、お芋をお供えするとのこと。
   里芋をお供えするのを良く見かけますが、ここではサツマイモでした。

   チョット調子に乗って、供されるお酒にほろ酔いになるまるで、取材にならず
   本当にお邪魔しただけの私でした・・・すみません(-_-;)

   十五夜だけを愛でるのは、片見月と言われ縁起が悪いとされているそうです。
   来月に訪れる十三夜も同様に、愛で楽しむようにすると良いと言われます。

   因みに、今年の十三夜は10月18日
   宮沢の森では、十五夜の鑑賞会同様に、十三夜の鑑賞会も行われます。
   お時間がある方は、是非立ち寄ってみては如何でしょうか。


miyazawarengou at 19:29│Comments(0)

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

二ツ橋水辺愛護会のご紹介十三夜に月を再び愛でる